コミュ障がネットで不労所得で生きるための逃げ道

コミュ障だから、社会に適していない。

だから会社に行っても、どうせ長続きしないし、生きている価値なんてない。

こんな悲しいこと、思いたくはないけれど頭をよぎる考えを遮ることは難しい。

きっとあの頃の自分のように、こんな思いを抱いている若者たちがたくさんいるんじゃないだろうか。

だからといって、人生に絶望したままなんて悲しすぎる。

だけど、何かきっかけがなければ絶望から這い上がることはできない。

どうせなら、人と接することがないまま生きていける道を探してみてはどうだろう。

私の場合は「お金を稼ぐこと」について、考えなおしたのが人生の転機となった。

お金を稼げたら人生はどう変わる?

お金を稼いだら人生は変わる。

これは、きれいごとではない。

お金持ちになることで、得られるものを考えてみればわかるだろう。

お金を持つことで得られる一番の変化は「ストレスが減る」ことだ。

そもそも、お金を持っていれば嫌な人間関係の中で働くことはない。

さらに「将来への不安」がなくなる。

ストレスを原因とした、うつや精神病は改善する可能性が高い。

だから「お金を稼ぐことは悪」とは、すべて「キレイごと」と「言い訳」である。

社会不適合者の生きていく道は?

社会不適合者だと自分のことを認めてしまうことはつらいことだ。

しかし、誰も社会不適合者になりたくてなったわけではない。

だけど、社会は厳しい。当たり前のように社畜であることを強要するし、それに反するものは脱落していく。

中には、コミュ障であるがゆえに社会不適合者として扱われてしまうこともある。

それに世間体では【脱落者=社会不適合者】という目で見られる。

「働かないのではなく、働けない。」

その言葉はすべて言い訳とみなされてしまう。

ネット不労所得づくりとは?

ネットで不労所得を作るのは、そう難しいことではない。

1カ月程度勉強したら、誰でもサイトを作れるようになる。

そして、サイトで情報を発信してお金を稼ぐのだ。ある程度、時間はかかるが、1年間本気でやれば人生が変わるくらいの変化が訪れる。

不労所得を作る「やり方・手順」については割愛するが、ここで解説してあるから一読してほしい。

無一文からネットでお金を稼ぐ方法のすべて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です