ヨウスケ のすべての投稿

ASPからペナルティで追放された悲しい過去

ASPとは「アフィリエイト・サービス・プロパイダ」のことです。

難しい横文字ですが、要はこれに登録したらアフィリエイト広告が貼れるサービスのこと。

つまりASPは、アフィリエイトで広告収入を稼ぐために、絶対に必要なサービスなんです。

ASPで取得した商品リンクをブログなどに貼り付けて、そこから購入者が出たら報酬が発生します。

ASPでペナルティとなった経緯

私がアフィリエイトを始めた当初、サイトではなくSNSに直接リンクを張り付けてアフィリエイトができました。

そこで、SNSで大量フォロー&コンテンツを大量に作成すれば、「報酬がたくさん発生するのでは?」と思ったのです。

当時は知識がなくて知らなかったのだけど、これは「スパム行為」に該当していました。

3カ月でペナルティを受けると永久追放となります。

ペナルティで学んだこと

「なんでそんな無茶をした?」って感じですが、理由は早くお金が欲かったからに他なりません。

お金がない状況だと、冷静な判断や未来を見据えた行動ができなくなることもあります。

今考えればわかるのですが「悪質な稼ぎ方」をしようと思っても、ネットで稼ぎ続けることはできません。

自分自身と深く見つめ合い、ネットで稼ぐことについて考えなおしました。

おすすめのASP

ペナルティは受けたものの、現在は反省して真面目にアフィリエイトに取り組んでいます。

ASPの種類は増えましたが、取り扱っている広告は共通するものも多いです。

とりあえず、広告も利用者も多いASPを使っておけば間違いありません。

個人的には「A8.net」がおすすめ。

A8.netはアフィリエイターのほとんどが使っている、メジャーなASP。

紹介できる広告が多いので、これ1つあれば大抵の商品を紹介できます。

最近では、報酬の即時振込もできるようになったので、早く稼ぎたい人にもおすすめのASPです。

 

斎藤工が主役「最上の命医」小児外科医の感想

最上の命医を見ました。斎藤工が主役の小児外科医のドラマです。なんといっても出だしの緊迫感。

飛行機で『お客様の中にお医者さまはいらっしゃいますか?おられましたら…』といったアナウンスが流れるあれです。

想像できるのは、対大人の救急救命ですが、このドラマはあくまで赤子や子供が患者です。子供を介して親や周りの人間模様が描かれます。

同時に医師や看護師の人間性も垣間見え、緊迫した状況と人間性、成長ドラマ、ハラハラしながらも、どこか心が暖かくなるヒューマンドラマだと思います。

また、このドラマはシリーズ化されており、2016、2017、そして2019と人気のあるドラマです。まずは2016からスタートいただき、ハマっていただくのはいかがでしょうか。

キャスティングもおもしろく、個性あふれる俳優陣にだれしも感情がついつい入ってしまうのではないでしょうか。

昨今の社会情勢、子供を守る親も、暖かくも強い思いで幼い命を守る姿に尊敬と憧れを抱き、その姿を将来の夢にするお子様も家族みんなで楽しめるドラマです。

少子化と叫ばれる世の中でも当然ながら新たに生まれる命、そんな命の尊さを強く思えることでしょう。

次の世代をになう我が子にも見せたくなるドラマのご紹介です。

君の膵臓を食べたいを観ました。浜辺美波ちゃんかわいすぎ

君の膵臓を食べたいを観ました。
結論から申しますと、めちゃくちゃおすすめです。

まず私の簡単なプロフィールからお話し致しますと、既婚男性会社員でコロナ自粛で最近邦画やドラマを中心に視聴しています。

まず視聴者が男性の場合開始5〜10分で浜辺美波ちゃんに恋します。めちゃくちゃ可愛いです。

後からウキペディアで浜辺美波ちゃんの事を調べましたが当時17歳でこの圧倒的な演技力は圧巻です。

おじさん世代には知名度が低くて私は正直浜辺美波ちゃんを知りませんでしたが、君の膵臓を食べたいを観て5分で恋しました。

今1番好きな女優さんです。一見グロそうな映画のタイトルなんですが、すごい意味のある言葉でして、重いと言いますか、想いと言いますか、観ていて非常に胸がキュンキュンすると同時にいつかは訪れるであろう別れを想像してしまってなんとも切ない気持ちになってしまいます。

特に後半シーンは涙涙のオンパレードでこの乾いたおじさんの涙腺からも涙が溢れ出てしまいます。

ネタバレにはなりますが、図書館で生前書いた手紙を見つけて北川景子さんに手紙を届けるシーンは大号泣してしまいました。どの世代にも受け入れられる魅力ある作品となっています。

私も実際に会社の同僚や友人に、君の膵臓を食べたいを視聴するように勧めました。

ハズレはありません。涙なしには観られないです。絶対に観てください!

機動戦士ガンダムナラティブを観ての感想

今回は、機動戦士ガンダムナラティブについて書きます。

 

<ガンダムナラティブの特徴>

・ファーストガンダムから続く正当な宇宙世紀を継ぎ

・話題になった機動戦士ガンダムユニコーンの続編

 

これだけでも、かなり期待が持てる作品ですよね。
続きを読む 機動戦士ガンダムナラティブを観ての感想

2020年のドラマ「病室で念仏を唱えないでください」の感想

決してうまいとは言えない読経に、コミカルな音楽の始まり。

「病室で念仏を唱えないでください」は、コメディなのかなと思ってしまったドラマです。

すべて見終わって、最高におもしろかったです。
続きを読む 2020年のドラマ「病室で念仏を唱えないでください」の感想

2016年の映画「cafe society(カフェ・ソサイエティ)」の感想

「cafe society(カフェ・ソサイエティ)」を見たんですが、個人的にかなり面白かった映画です。

この映画には、ゴシップガール主演の「ブレイク・ライヴリー」も出演しています。

映画の舞台

2016年の映画で、舞台は1930年代のハリウッドとニューヨーク。

全体的にポップに描かれていて、気軽に観れるロマンティック・コメディ映画です。

物語の展開は予測しやすいかなと思いますが、軽快さがその欠点を補っています。

映像がキレイでおしゃれです。

幅広い世代の方が楽しめる映画だと思います。

ストーリー

叔父の元で働き始めた主役ボビーの恋愛を中心に、映画は進みます。

ボビーはこの映画で二人の女性と恋愛をしますが、付き合うまでの課程や描写・台詞が素敵です。

お兄さんはギャングでかなり悪どいことをしています。

そのあたりはライトに描かれていて、この映画のコメディ要素となっています。

まとめ

人は過去を背負って生きていることを改めて感じました。

あの時別れていなかったら、結婚していたら、そんな妄想は誰もがします。

後悔する人もいれば、どんな未来になっていただろうと想いを馳せる人もいます。

正解は誰かが教えてくれるわけでもなく、自分の中にあります。

それに気づくのが半年後なのか10年後なのか分かりません。

そのあたりの描写や映画の流れが素晴らしいこの映画、不要不急の外出ができない、今見るべきおすすめの映画です。