お小遣いを計算してみたら赤字!だから小遣い制はおすすめしません!

夫婦のお金の管理の仕方は色々あると思いますが、私の夫婦はお小遣い制度になっています。

私は3万5000円のお小遣いをもらって生活しています。

そして、お小遣いが足りなくてお金を嫁にもらうと「もうないの?」と何度も問いただされます。

お小遣いの内訳を考えてみることにしました。
<お小遣い内訳>

・コンタクト代 2000円

・タバコ代 15000円

・ガソリン代 10000円

・昼食代 10000円

・ジュース代 5000円

・交際費 5000円

・医療費 5000円

合計すると52000円が最低限毎月かかる出費です。

「あれ?全然足りてない・・・。」

もともとお小遣いだけで生活することはできませんでした。

足りない分は副業で稼いでいました。これまで月に5万円以上は副業収入があったので、もう少し使えるお金は余裕がありました。

ネット収入減少・・・その時の嫁は?

だけど、本業が忙しいときに作業ができなかったこともあり、ネット収入が減少してきました。

その分、給料は増えていましたので、口座の残高は増えていたはずです。

それなのに嫁は、その状況でも「もうお金ないの?」と言って、お金をもらおうとすると渋ります。

そもそも、このやり取り自体が嫌になります。

こんな嫁の考え方や態度に「頑張っても意味ない」とやる気を失くしてしまう日が続いていました。

労働時間は嫁は4時間のパート、私の労働時間は1日に10時間以上あります。

ここから「お金は嫁だけのものではない」ということを、もう少し考えて欲しいですね。

考えるほどお金について不満が多くなりますが、とりあえず結婚してもお小遣い制にするのは、絶対にやめた方が良いです。

自分が何のために働いているのか、分からなくなってしまうかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です