世にも奇妙な物語「2017秋の特別編」

ここ数年すっかり春秋の風物詩になった感もある人気のドラマシリーズ「世にも奇妙な物語 2017秋の特別編」(フジテレビ)。今回も前回同様、短編4作品で構成されています。選りすぐりの原作や脚本による有名キャストの熱演が、毎回ファンの評価を集めていますが、今回も不思議で少ーし怖い、なかなかの力作ぞろいです。

売れない漫画家が急きょ採用した美女アシスタントが、実は訳ありの…ホラー「寺島」。母親が、反発する思春期の息子とラップバトルで打ち解け合う、ちょっと心温まる「フリースタイル母ちゃん」。

一期一会の彼女との運命の出会いを演出してくれる夢のような機械。だがそこには裏が…というどんでん返しの「運命探知機」。

そして最終話が「夜の声」。手塚治虫の原作マンガをドラマ化し、イケメン実力派の藤原竜也が主演という話題作です。IT企業の敏腕若手社長ながら週末だけホームレスに扮し心の洗濯をする主人公。週末にふと出会った女性と恋に落ち、社長として結婚しますが、女性が本当に愛するのはホームレスの自分。どちらも同じ自分なのに真実は伝わらず、二人の思いはすれ違ったまま。そして悲劇的な結末を迎えます。

藤原の演技力は言うまでもありませんが、女性役の飯豊まりえの熱演も光っていて見応えがあります。本編合間の超短編ホラーや、おなじみタモリのストーリーテラーも変わらず秀逸です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です