山田太一の代表作「ふぞろいの林檎たち」

脚本家山田太一の代表作『ふぞろいの林檎たち』は何年経っても色あせることない名作中の名作で、最も好きなテレビドラマのひとつです。
中井貴一、時任三郎、柳沢慎吾演じる四流大学に通う大学生たちは、見事なまでに色分けされたキャラクター設計で、役者たちも期待に応え名演技を見せています。

中井貴一演じる仲手川の見せる悲哀はたまりません。

一流大学生だけが参加可能なパーティーに身分を偽って紛れ込み、それが主催者側にバレ、哀れにも追い出されてしまいます。

くわえて後日そのことを時任三郎演じる岩田に「みっともないことすんな」と諭されるみじめさ!

このシーン含め、岩田の安アパートで仲手川、岩田、柳沢慎吾演じる西寺がダベっているシーンが時折挿入されるのですが、その空気感は到底演じているとは思えない完璧なものです。

西寺のコミックリリーフぶりは、少々大げさな部分はあるものの、その役割を正確にこなしていて、彼が画面に登場するたび笑いを生み出しています。
テレビドラマ好きなら一度は観ておいて損はないです。

作家の世界観をこれほどまでにきっちに具現化出来ている作品は、そうそうないですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です