定年後タクシードライバーとして出稼ぎに出るお父さんが増加

テレビのドキュメンタリー番組などで、地方から都内に出稼ぎで仕事をしているタクシードライバーに密着している場面を数多く見かけるようになりました。それだけ地方に仕事が少なくなったため、ある程度年齢を重ねた人は稼げる仕事に再就職するには限りがあります。年齢が高い上人が地方で仕事を探すとなると、どうしても安い給料の仕事しかありません。

そこで、都内でタクシードライバーという選択をしている人も多いようです。タクシードライバーなら定年後も働かなかければいけない状況でも、求人が多い上に寮完備、さらに高収入という三拍子が揃っているので、地方在住の方が出稼ぎに来ることが増えています。

もちろん既婚で家族を持っている男性が、都内で仕事をすることにはそれなりの理由があります。誰だって家族と離れて、慣れない土地で仕事をするのは不安を抱えているものです。

タクシードライバーとして出稼ぎをしている人に「なぜ出稼ぎをしているのか?」と尋ねると、その理由が「子供の学費」という人が多いです。

退職金も減少傾向にある中で、大学に通う4年間だけ子供のために身を削って働くという決断は、誰にでもできることではありません。

定年後も子どものために働くという姿勢は、父親として見習うべきかもしれません。そして、そんな思いを親にさせて大学に通っている子どもは、学業に本腰を入れなければいけないことを再確認する必要があるでしょう。

またもう一つ「親の介護」という問題もあります。超高齢化社会となった日本では、高い介護料を支払えなくて「介護うつ」を発症している労働者が増えているという問題もあります。自分で介護をするよりも施設に面倒を見てもらって、介護料を稼ぐために出稼ぎをするというパターンもあるようです。

いずれにせよ誰でも取得できるドライバーに必要な二種免許を持っておくことは、現代社会で生きる上で定年後に役立つ保険とも言えるでしょう。

都会でタクシードライバーをするという決断は少し勇気が必要かもしれません。だけど、年齢的に選択肢が少ない中で好条件の仕事は限られています。タクシードライバーとして働いて、第二の人生の基盤を作るのは実は楽しみもあるかもしれません。
タクシードライバーになれば、毎日様々な景色を見ることができるでしょう。
だけど高齢で健康や体力に不安を抱えている人は、待遇に信頼できる会社を探したいですよね。

都内でタクシードライバーの求人ならタクQというサイトが有名です。都内で出稼ぎを希望される地方の応募者も多いので、寮完備で働きやすい環境を整えた求人情報を多数取り扱っています。

タクQの評判と口コミなど、口コミの比較サイトから好条件のタクシー求人を見つけて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です