障害者が働きやすい環境づくりの必要性

いまだに障害者だから働けない、もしくは働き方がわからないと思っている人も多いようです。

身体に障害がある人は生活保護で暮らしている人も多いようですが、それでは社会との関りが薄くなってしまいます。

問題は生活保護に慣れてしまって、生活する上で仕事をする必要がなくなってしまい、社会と断絶された世界で生活している人達が増えてしまうことだと思います。障害者であっても、出来る仕事はたくさんあります。

ですが実際に障害者が仕事をする上で、働きづらい環境が多いという現状があります。労働環境を改善しない限りは障害者の労働者が増えることもないでしょう。

少しでも障害者が労働者として働く意識、そして働きやすい環境づくりをしていく取り組みは非常に大事なことだと思います。

周囲の労働者が障害に理解を持って接することも大事です。

 

障害者の労働者支援サービス

 

また障害者の就労支援を専門としている会社もあります。



就業経験・パソコンスキル不問!障がい者求人紹介の【ラルゴ高田馬場】

こういった障害者専門の労働支援をしている会社は、働きたい障害者も、障害者の受け入れを考えている企業にとっても必要な仕事だと思います。

今後とも障害者の労働には障壁も多いように思えます。

これからもっと障害者の労働環境が改善していけば良いのですが。

私も社会貢献ができるように、こういった活動を今後広めていきたいと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です