幸せな結婚生活が崩壊する離婚の原因とは?

幸せを描いていた夫婦の離婚の事情

結婚した時にはお互いに相手の事が一番大事で、この先二人で作り上げる「明るい未来」を描いていたことでしょう。
それでも、もともと他人同士の男女が結婚という共同生活を始めてみると理想とは違うものです。
それだけならまだしも、夫婦円満を壊してしまう事が起こってしまったら、離婚という選択を迫られるかもしれません。
そこで離婚に至った夫婦が、離婚する原因について考えていきます。

離婚の3大原因

①浮気

浮気をしたことが許せなくて、離婚に至るケースは最も一般的な離婚の原因です。夫婦円満な生活を送るには、お互いの信頼関係なくして成り立ちません。
浮気をしたという不貞への怒りはもとより、信頼を失って配偶者へ失望して離婚を決意するようです。
離婚へ至った場合は相手への損害賠償を求めることもあるでしょう。

②金銭トラブル

金銭トラブルとして多いのは、配偶者がギャンブル依存症で借金を背負っていたり、結婚後に借金があることが発覚するなど、ほぼ配偶者の借金によるものです。
理由があるなら、頑張って借金を返そうと思えるかもしれないのですが、ほとんどの場合は配偶者への信頼を失ってしまいます。また、借金から解放されたいという理由で離婚するケースは、熟年離婚でも多いようです。

③配偶者の家族

配偶者の家族と同居している方は、家族へのストレスが原因で離婚に至るケースもあります。
ご承知の通り、特に多いのが嫁姑問題です。
トラブルが起こった時の対応次第では、家族が引き金となって配偶者にも不満が募ります。
家庭円満を考えるなら、新しく招いた家族への配慮が欠かせないものです。
しかし、配偶者の家族と同居することで心的ストレスになるのであれば離婚を考えるのも選択の一つです。

覚えておきたい離婚の種類

 

協議離婚

ほとんどの離婚は、夫婦で話し合い婚をする協議離婚です。
これまでの婚姻生活を振り返って、お互いに話し合って離婚後の養育費などを取り決める必要があります。
トラブルが多いのは、お互いに口約束だけで取り決めを交わした場合です。
実際には養育費が支払わないケースも多いため、事前に法律事務所に相談する必要があります。

調停離婚

調停離婚とは、夫婦間で離婚の話し合いができない、もしくは進まない場合に、裁判所に間に入って離婚をするか、条件をどうするかを話し合うものです。
広義では「夫婦関係調整調停」とも呼ばれており、この場合は離婚だけではなく、円満へ向けた話し合いも含まれています。

裁判離婚

裁判離婚とは、協議離婚や調停離婚が成立しなかった際に、離婚訴訟を起こして裁判所の判決に委ねる離婚方法です。
また、裁判を起こすためには、法的に認められている「離婚の理由」がなければなりません。

 

※離婚協議書を作成する時の注意点

離婚の際には、約束したことを離婚協議書にまとめておく必要があります。
ただし、離婚協議は離婚で話し合いをした証拠を残せますが、離婚相手の給料や財産を差し押さえるほどの効力を持ちません。
後々のトラブルを避けるためにも、離婚協議書は公正証書で作成しておいた方が良いでしょう。

以下の法律事務所のホームページで、わかりやすく解説してあるので参考にして下さい。

離婚協議書を公正証書で作る方法

出典:田村・大村法律事務所(兵庫県姫路市)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です