インスタグラムがツイッターやフェイスブックを抑えてSNSナンバーワンになった理由

インスタグラムがブームとなっているので、写真を撮ることについ、今一度考えてみました。これまでfacebookに始まり、TwitterなどのSNSは写真というよりも言葉がメインの、ブログの簡易版のような立ち位置でした。もちろん写真は大事な要素ですが、文章が良くなければ反応も得られないので「おまけ」として写真を添えていたのではないでしょうか。だけど現在ではインスタグラムの利用者が爆発的に増えて、写真=SNSと言っても過言ではありません。

なぜインスタグラムがSNSでナンバー1になったのか?

なぜ文章より写真が注目されるのか、それは「目は口程に物を言う」ということわざがすべてを物語ります。つまり、SNSで同じような文章は飽和状態となり、一通り出尽くしたので言葉のコミュニティでは物足りないと感じてしまう人達がインスタグラムのように写真に重きをおくコンテンツの魅力に惹かれていったのです。特ににちゃんねるやTwitterは匿名で個人を特定できないため、人間の汚い部分がモロに出てしまい、陰口や不平不満が目立ちます。それらのSNSの闇を感じてしまったユーザーも多いでしょう。もっと健全で清々しいコンテンツを探していた人にインスタグラムはピッタリのSNSだったのです。

そもそもSNSの認知度を爆発的に世間に広めたのはFacebookですが、facebookは友人だけのコミュニティなので、近しい知人にどう思われるか気になって気軽に投稿することができないと感じていた人も多いでしょう。それにコンテンツがモロに個人情報が含まれてしまうため、内容を誰にでも公開することができない性質を持っています。しかし、インスタグラムなら本名を公開する必要はなく、気軽にフォロワーや反応を世界中から集めることができる気軽さと楽しさを兼ね備えています。

つまり様々なSNSの不便なところを色々取り払った結果、インスタグラムが最も支持されるSNSとなったのです。

インスタグラムとブログの併用

もし、あなたがインスタグラムである程度影響力があるなら、ブログも作成することをおすすめします。それにインスタグラムとブログを併用することで、さらに写真の魅力を伝えることができます。インスタグラムにはリンクをプロフィールに張り付けることができるため、写真をアップしつつブログにアクセスを集めることができます。
インスタグラムではなくブログを活用する最大のメリットは、自由にリンクを張り付けることができることです。ブログページにプロフィールでSNSリンクを設定すれば、あなたのファンがtwitterやSNSのフォロワーになってくれるでしょう。ASPなどで広告を貼れば広告収入を得ることも可能です。

つまりブログはインスタグラムの利用価値を更に高めることができるのです。

インスタの被写体は自分じゃないと反応なし?

インスタグラムでは自分の写真を撮っている人が多いため、自分の写真を撮らなければ反応が起きないと思ってしまいがちです。だけど、結局有名人や顔が良い人でなければ反応って限られます。だから僕もインスタグラムで自分を撮って反応がないのが一番さぶいので、バンバン投稿するのは気が引けてしまいます。
自分の写真をアップしたくない人はインスタグラムの利用に消極的になりがちです。
だけど、自分を撮らなくても魅力的な写真をアップして楽しむこともできるのです。写真が好きでインスタグラムを始めたけどあまり反応がない人は、写真の撮り方を少し勉強した方が良いでしょう。

インスタ映えスポットが近くにない時は?

先日マツコ会議という番組で、「インスタ映えスポットがない」と言っている女性がいました。彼女が住んでいる場所は京都で、絶対に良い写真は撮れるはずなのですが、どこに住んでいても自分が気付かなければ良い写真は撮れません。

僕が写真を撮るときに参考にしているのが「山爺のブログ」です。このブログを書いている山爺さんは、街並みや自然・動物など何気ない風景でも驚くほど魅力的な写真を撮っています。
インスタ映えスポットがないと嘆いている人は気がついていないだけで、身近に魅力的な被写体がたくさん転がっているのかもしれません。写真がうまい人は、何気ない風景を芸術に変えることができます。うまい写真の撮り方を知ることで、もっとインスタグラムを楽しく活用することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です