IT地方創生プロジェクト

地方を再生するためにどうすれば良いのかを考えて、このプロジェクトを始めました。

収入を得る場所。地方であればあるほど、収入を得るためにお客さんは近隣の人しかいないと考えてしまいます。

しかもそれを改善するだけの知識や技術を与える人もいませんし、古い考え方や体質から抜け出すことができないのが現状です。

私は地方再生の要になるのは、絶対に若者の収入源を増やすことだと考えています。しかしながら、それを地方の雇用に求めることは厳しいです。農業者の経営は赤字が続き、若者は減り、地方の商店街は赤字で閉鎖状態。

このままでは、完全に地方は厳しい生活環境になっていくと思っています。
(まだ構想段階です随時プロジェクト概要を更新していきます。)

コンセプト

プロジェクトのコンセプトは「地方をITで創生する」ことです。地方であればあるほど賃金が低く、その低賃金を補うために働きたくても働く場所も少ないという現実です。

労働時間さえ確保するのが難しい田舎では、インターネットで収入を得る方法を学ぶ必要があります。
そもそも持ち家も多くて、アパートの家賃も少ない地方の方が維持費がかからない分インターネットで仕事をすることに適した環境なのです。
その事実を認識していない人が多いのが現状です。
田舎で暮らすメリットと働き方改革の力になりたいという思いです。

プロジェクト5つの柱

 

①ITを使って収入を得る人を増やす

このプロジェクトで最重要視するところが、個人の収入を増やすことです。未来を担う若者が収入を増やさない限りは地方が存続していくことはできないと思っています。

個人の収入を増やすことで、経済が改善されることは間違いありません。

 

②ITで収入を得る方法を教育する

仕事とは別に収入を得る方法を教育していくことから始めなければなりません。若者を中心に学びの場を提供していかなければなりません。教育はこのプロジェクトの最重要課題であり入口です。それぞれにどういった個性や特技があるのかによって、方法も細分化されていきます。

③会社で働く社員へのIT戦略

このプロジェクトでは地方の中小企業が活性化するために戦略ですので、大企業や大きな組織が上層部だけでIT戦略を練るのとは違います。

例えばSNSなどの媒体を使うことで、属している社員が会社の広告として活動できるということです。

こういった戦略を実践している企業でも、間違った使い方をしている人も多く見受けられます。

このIT戦略を実践することで、仕事に縛り付けて、会社のいいつけを守らせるだけの奴隷のような人材育成を抜け出して、素晴らしい個人の能力を見抜いて会社の利益にもなる人材づくりをしていくことが目的です。

④クリエイターの創出

クリエイターの需要が今後さらに増していくことは目に見えています。インターネットを使った仕事が今後多様化していくことを考えると、自分で作品を創出している人材が非常に大事になってきます。

優秀なクリエイターが地方でも活躍できる時代です。高い賃金を払って都会に行くよりも、地方に残ったままクリエイターとして活動できる働き方を教えて提供することを目的とします。

⑤地方への人材の呼び込み

地元のクリエイターが創作した作品をインターネット上で告知して観光客を呼び込むことも考えていきます。クリエイティブな街づくりを実践していかなければなりません。

また教育に力を入れることで若い世代が集まりやすい街づくりができるようになります。活躍を始めた人に影響されて、他の地方から人材を呼び込むこともできます。町の活性化に役立つためにも教育にちからをいれます。

 

これは私がこれからやっていきたいことであり共感を持って頂いた方に集まって頂きたいと思っています。SNSなどでご連絡ください。

この活動を現実のものとするために、私は絶対にあきらめずに、やり抜きます。
twitter(個人アカウント)
https://twitter.com/greenfollowme

twitter(活動用アカウント)
https://twitter.com/103241

【ブログ村参加中!】
皆さまの応援がサイト作成の力になっています。
応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブログ村

「ちっぽけな自分」にできることって何だろう?