人生でつらいことが起きる理由

自分が生きているのはなぜだろう?

ふとしたときにこんなことを考えてしまうことがあります。生きることについて考えると色んな疑問が浮かんでは消えていきます。

生きることについて考えるときって人生がつらいと感じているときです。楽しいときはもっと違うことを考えていますよね。

 

じゃあなんでつらいことが起きるのか?

なんで自分ばっかりこんなにつらい思いをしなければならないんだろうと誰もが思ったことあると思います。

生きる上で辛いことが起こるには理由があります。

それは人間だけでなく、すべての生き物、つまり「生」を背負った者の宿命だからです。

野生の動物は常に生命の危機と戦って生きています。草食動物は肉食動物に命を狙われています。

逆に肉食動物はエサをみつけることが出来なければ飢餓してしまいます。

動物はいつ命を絶たれるかという恐怖と戦っています。

もし命を取り留めたとしても、けがや病気をしても病院もなく、誰も助けてくれません。

もし自分がそんな生き方をしていたら・・考えるだけでもゾッとしますよね。

そう考えると食物連鎖の頂点にいる人間であっても、生きる上で辛いことが起こるのは自然の摂理です。

良い事は誰にでも起こるのか?

幸せそうな友達を羨ましいと思う事ってありますよね。

金持ちの社長や素敵な芸能人をテレビで見る度に、この人達って毎日が充実していてさぞかし人生が楽しいだろうと考えてしまいます。

確かにそうです、幸せな人はいます。毎日ハッピーでたまらない夢のような日々を送る人が存在するのは事実です。

テレビなどでそういった人を見たり、友人が幸せを自慢してるのを聞くと、そうでない日々を送っている人は嫌な気持ちがしてしまいます。そして自分が不幸なのではないかと思ってしまうと、とても苦しい気持ちになってしまいます。

さてそこで良い事は誰しも平等に起こるのかというと、そんなことは絶対にありません。人生で平等なことなんて絶対あり得ません。

だけど本当に自分は不幸なのか?

そんな辛い思いをしているとき、暗闇から抜け出せない時はもっと広い目で見てみるとどうでしょう。

もしかすると日本では不幸な方かもしれません。

ですが、毎日紛争の絶えない国や、食事や病気の治療もできないような大変な生活をしている国があり、たくさんの人々がとてもつらい思いをして生きています。

人間の毛皮や食料となるために、生を背負ってしまった動物達さえいます。

そう考えると命の危機に晒されていない、それだけで幸運な環境で生を受けていることに気が付くでしょう。

真面目な人ほど成功者になることを考えて生きてしまいがちです。そして理想とのギャップに苦悩して辛いことが多いと認識してしまいがちです。

ほとんどの人は自分が思っているほど不幸ではありません。そのことに気がついて、生きる活力を取り戻しましょう。

偉そうなこと言ったけど私はというと‥‥

偉そうなことを書きましたが、私自身も絶望を何度も経験して、その度に自分はなんて不幸なんだ、ダメなんだと思い続けてきました。

今でもそうですが、基本的にネガティブな考えが先に浮かんでしまいやすいのです。

だからこそ自分が生きている環境や友達や家族へ感謝して、自分がまだハッピーであることを忘れないようにしたいものです。

【ブログ村参加中!】
皆さまの応援がサイト作成の力になっています。
応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブログ村

「人生でつらいことが起きる理由」への1件のフィードバック

  1. SNSが普及し、友人や、ましてや他人のいわゆるキラキラした、おしゃれで素敵な私生活が簡単に目に入るようになりました。
    つい自分の通常の日常と、SNSにアップするための誰かのキラキラな日常とを比べて落胆してしまいますが、
    自分の通常の日常を大切に丁寧に生きることが重要なんだろうな、と思う今日このごろです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です