その表札で大丈夫!?風水で運気を上げるために大事な「表札」とは

運気が上がらない表札がない家

風水学的に見ると玄関に表札がないということは、誰も人が住んでいないもしくは、その家の主人いないということです。
実は風水学的には「誰も住んでいない家」というのは最悪の状態です。

他のどういった風水に取り組んだところで、表札がなく人がいないような風水の状態では運気が入ってくることはないようです。引っ越しをしてから調子が悪いとか、家を建てて運が悪い気がする人は家の玄関に表札をつけているか、もしくは良い表札なのか考えてみてはいかがでしょうか。

表札の材質

表札には色々な材質でできています。
表札の材質についての注意点ですが、プラスチックや石を材質とした表札もあまり良い家相とは言えません。
運気を第一に考えるなら避けた方が良いでしょう。
またガラスや陶器など「割れる」ことがある素材も使用するべきではありません。
最近ではこういったNGな材質を利用しない表札が多いのですが、頭の片隅に入れておきましょう。

名前の表記方法

若い世代を中心として、英語(ローマ字)表記の表札が格段に増えてきました。
英語表記の表札はオシャレなイメージで人気が高いのですが、風水学的には漢字の方が縁起が良いようです。
特にこだわりがなくどちらの表記方法でも構わないなら、漢字表記することをお勧めします。
だからと言って英語表記がダメなわけではありませんので、英語表記の表札が好みであればそちらを選んでも問題ありません。

表札でありがちなNG

よく見かけるNG表札の代表と言えば、名前を彫ってある表札です。
ダメなの?って思うぐらい昔の表札では定番でした。
彫り物を避ける理由は、表札で名前を彫ることはお墓と同じだから運気が下がるからです。
風水学以前に、名前を彫るのはお墓と同じということに気づいた時点で避けているようです。

表札専門のネットショップ

安くて良質な表札は、表札専門のネットショップでも購入することができます。

(参考サイトはこちら)
おしゃれな表札を格安で提供【表札.net】

表札というと高いイメージがありますが、現在インターネットで表札専門のお店では安い価格で良い表札を購入することができます。
もちろんデザインも古臭い表札のイメージではなく、オシャレでモダンな雰囲気のものが増えています。
また、最近の表札は「風水学的に良い」表札が多いようです。
これまでお話ししてきた風水学的にNGな表札は少ないようですね。
表札.net】を見ていても、最近の表札はデザインはもちろんち風水についても考えられていることがわかります。
風水学的に良くて、オシャレな自分好みの表札を探してみて下さい。

風水は奥が深くて面白いし、学ぶことで運気を上げることができるかもしれません。
家の風水について、詳しく調べてみたい人は風水について本で勉強してみて下さい。
ちなみに風水の本は、有名なDr.コパさんの本が初心者にはわかりやすくて人気なようですね。

Dr.コパの幸運を呼ぶ「おうち風水」入門 (くらしプチシリーズ) [ 主婦の友社 ]

価格:540円

【ブログ村参加中!】

皆さまの応援がサイト作成の力になっています。
応援クリックお願いします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です