サラリーマンが毎月20万円の収入を得る不動産投資とは?

サラリーマンが月に20万円、副収入を得るために副業という方法もありますが、本業との兼業で仕事をすることで負担がかかる事実は否めません。ただでさえ働きすぎと言われている日本人ですから、副業なんて今の会社の労働時間を考えると無理って声が上がるのも当然です。そこで、仕事量を増やさなくても収入を得るために投資を考えるべきなのです。

サラリーマンの投資といえば?

投資といえばFXや仮想通貨、株式投資などで得る方法を思い浮かべるかもしれません。しかし、これらの投資は必ずしも自分の読みが当たるとは言えません。しかも、収入を得るどころか財産を減らしてしまうリスクがある上に、毎日細かくチャートをチェックしておく必要があります。それに投資経験があればわかると思いますが、毎日のメンタルバランスも大事になってきます。というのも投資で損失を出したときの精神的苦痛は大きく、大きな損失を出したときは冷静さを欠いてよけいに損失を増やしてしまいかねません。誰にでもできて楽に思える投資ですが、決して簡単なことではないのです。

不動産投資の魅力とは?

確実に収入を得る投資を考えたら、最終的に不動産投資に行き着いたという人もいるでしょう。不動産なら、住居者から賃料を毎月得ることができるので、確実に利益を毎月生み出してくれます。とは言え不動産投資はサラリーマンには敷居が高く、一部のお金持ちだけができることだと思われがちです。しかし、サラリーマンでも不動産投資は手が届くものなのです。収入にあうプランで自分のアパートを経営できます。
また、不動産投資はインフレに強いと言われています。インフレになると現金の価値が下がってしまいますが、不動産の価値は上がります。紙幣価値に変動があった場合、現金よりも不動産の方が安全な資産となり得るのです。

不動産投資はマンションとアパートどっちが良い?

マンションとアパートのどちらに投資した方が良いか、それは一概には言えません収益優先ならアパート経営の方が良いでしょう。マンションは1室あたりの金額が高いため、何部屋も運営することはできません。
そこで、1室を購入して、その部屋を入居者に貸し出すことになります。しかし、アパートは数部屋を分散して貸し出すため、空室リスク分散ができる上に、経営利益もマンションより高くなります。とは言えマンション1室とアパート1棟では、かかる金額自体が異なります。投資する金額によってどちらが良いのかは異なるため、自分に合った不動産投資はどちらなのかを考えてみましょう。

不動産投資が初めての方でどちらが良いのか考えている方は、
マンションとアパートどちらがよいか?という記事が参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です