ダンケルク大撤退を描いた映画

最近「ダンケルク」という映画を観ました。
これは第二次世界大戦で実際にあった”ダンケルク大撤退”を描いたものです。戦争映画ですが、よくあるようなストーリーはなく、厳しい状況の中、軍隊が追い詰められて撤退する様をひたすら描きます。

とは言え、カメラは幾人かの兵隊を追いかけ、どうやってその場から撤退、つまり逃げたかを映し出しています。
セリフは最小限なので、その兵たちが、例えば何歳で、どんな生い立ちで、家族がいるのかいないのかなど、個人的なことはほぼ描かれません。ただただ、そこからどうやって逃げるかが描かれるのみなのです。

海岸線に、脱出のための出航をひたすら待つ兵隊の列、そこから一刻も早く抜け出すために、抜け駆けを画策する者、せっかく抜け出したのに、魚雷によって海に沈む者・・・。その様子は、さながら自分が彼らと一緒に、そこから逃げているような感覚もあり、とても臨場感がありました。

もし、ちゃんとしたストーリーがあって、泣いたり笑ったりすることを映画に求めているなら、この作品はオススメできません。ですが、ハラハラドキドキすることは間違いないですし、まるでテーマパークでアトラクションに乗っているような気分にもなりますので、気分転換にはなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です