「ニュース」カテゴリーアーカイブ

午前3時のブログ「明日は選挙ですよ」

ただいまの時間は午前3時、眠る前に最後にブログを書きます。
今日は選挙の投票日ですね。
日本の未来を左右するはずの選挙ですが、なぜか去年の投票率は50%でした。

選挙で投票しない理由


「投票し
たい政党がない。」

「自分が投票したところで何も変わらない。」

「そもそも関心がない。」

こんな理由で投票しない人がほとんどでしょう。

今年の選挙は注目されていますので、投票率は回復するものと思われます。
今年から導入された選挙権の年齢制限の引き下げにより、有権者の年齢は20歳以上から18歳以上になったのです。

ですから、若い人が選ぶ政党によって僅差の戦いであれば、選挙の勝敗が分かれることもあるでしょう。

若い人なら大人のように選挙のしがらみが少ないので、自分の本当の考え方をそのまま投票できるでしょう。
さてどんな結果になることやら。

選挙にクリーンなイメージが持てない

大人になると選挙には様々なしがらみが生じます。
それは、所属している団体や会社、家族や宗教など。
本来分離していなければならないとされていますが、実際には癒着している現状です。

選挙はグレーゾーンが多いように思えます。
スポーツのようにフェアプレイで勝負する精神なんて更々ありません。
いかにグレーゾーンをうまく利用するか、金で宣伝するかの闘いです。だからあくどいイメージが拭い去れません。
そこで昔は選挙のイメージアップのために、子供にポスター制作をさせていました。
選挙は大事だとか、明るい選挙活動だとか、選挙のことを一切知らない子供に書かせていたんですよ。

ほら、やっぱり選挙って【あくどい】でしょ?(笑)

選挙でSNSが活躍?

最近では選挙に出馬する方々も、TwitterなどのSNSでつぶやいています。
ですから、24時間つぶやきによる選挙活動だって可能な気がします。おそらく選挙法でインターネット上の活動も制限されているのでしょうけどサクラが動けばどうにでもなるでしょう。

もはや無駄な選挙費を使わせないで、SNSで闘わせればいい  じゃん。Twitterとかでツイートバトルすれば面白いのにな・・。

深夜に書いているせいか、少し不謹慎な内容になってしまったのかもしれません。宗教と政治とスポーツの話は個人で意見が分かれるため、あまり触れたくなかったのですが。

ただ、自ら選ぶ権利を奪うことについては断じて反対です。

「お前らは自分の考えなんて持つな!言った通りにしろ」
こんな押しつけをする連中は嫌いですが、結構いるんですよ。
無理やり思想を奪う事は人権侵害ですよ。

結局、私は明日選挙に行くかって?
ノーコメントです。

夢をあきらめないで!今こそクリエイターが活躍する時代

「デザインや美術を学んでも仕事がない」

先生や家族、友達にこんなことを言われたことはありませんか?

確かに少し前の時代では、こういったクリエイティブな仕事は一握りの人しか成功できなかったため、若かりし頃にクリエイターを目指して、夢破れた人はその後あまり良い仕事に就くことができないということはありました。

そしてそれを心配する周囲の人、があなたにデザインや美術の方向へ行くことをやめさせて公務員などの安定した仕事に就かせようとするのです。

続きを読む 夢をあきらめないで!今こそクリエイターが活躍する時代

松居一代さんのyoutube動画が話題となっています

松居一代さんがyoutubeに動画を上げたことが非常に話題になっています。
youtubeの再生回数も急上昇しており、それだけでなくアメブロもランキング1位になっていますし、twitterでもつい先日アカウントを開設したばかりにも関わらずたくさんのフォロワーやリツイートを集めています。

松居一代さんの動画について、メディアも色々な見解を示しています。どちらかと言えば否定的な意見が多いようです。
確かに内容は個人的な恨み、それにあまりにデリケートな個人的な部分を暴露して、さすがに言い過ぎじゃないのかと思ってしまいます。
そしてノートの内容につきましても、謎が多いままで本物のサスペンスさながらの演出です。

続きを読む 松居一代さんのyoutube動画が話題となっています

能年玲奈さんが「のん」に改名した理由や疑問

能年玲奈さんはなぜ自分の名前を名乗れないのか

能年玲奈さんが所属事務所とのトラブルで本名である能年玲奈を名乗れず、「のん」に改名したことについては賛否両論あるかと思います。

私もタイムリーな話題ではないのですが、どうしてもこのことについて書きたかったので書かせて頂きます。

そもそも能年玲奈さんがなぜこのように追い込まれてしまったのかというところがとても疑問ですが、タレントと所属事務所のレプロエンタテイメント、テレビ局との関係はかなり複雑なようで簡単に解決できる問題ではないようです。

それでも本名で活動できないのは、人権侵害だと思います。タレントとの契約や著作権など様々な要素があっても、人が自分の本名を名乗れないことはあってはならないことではないでしょうか。

続きを読む 能年玲奈さんが「のん」に改名した理由や疑問