午前3時のブログ「明日は選挙ですよ」

ただいまの時間は午前3時、眠る前に最後にブログを書きます。
今日は選挙の投票日ですね。
日本の未来を左右するはずの選挙ですが、なぜか去年の投票率は50%でした。

選挙で投票しない理由


「投票し
たい政党がない。」

「自分が投票したところで何も変わらない。」

「そもそも関心がない。」

こんな理由で投票しない人がほとんどでしょう。

今年の選挙は注目されていますので、投票率は回復するものと思われます。
今年から導入された選挙権の年齢制限の引き下げにより、有権者の年齢は20歳以上から18歳以上になったのです。

ですから、若い人が選ぶ政党によって僅差の戦いであれば、選挙の勝敗が分かれることもあるでしょう。

若い人なら大人のように選挙のしがらみが少ないので、自分の本当の考え方をそのまま投票できるでしょう。
さてどんな結果になることやら。

選挙にクリーンなイメージが持てない

大人になると選挙には様々なしがらみが生じます。
それは、所属している団体や会社、家族や宗教など。
本来分離していなければならないとされていますが、実際には癒着している現状です。

選挙はグレーゾーンが多いように思えます。
スポーツのようにフェアプレイで勝負する精神なんて更々ありません。
いかにグレーゾーンをうまく利用するか、金で宣伝するかの闘いです。だからあくどいイメージが拭い去れません。
そこで昔は選挙のイメージアップのために、子供にポスター制作をさせていました。
選挙は大事だとか、明るい選挙活動だとか、選挙のことを一切知らない子供に書かせていたんですよ。

ほら、やっぱり選挙って【あくどい】でしょ?(笑)

選挙でSNSが活躍?

最近では選挙に出馬する方々も、TwitterなどのSNSでつぶやいています。
ですから、24時間つぶやきによる選挙活動だって可能な気がします。おそらく選挙法でインターネット上の活動も制限されているのでしょうけどサクラが動けばどうにでもなるでしょう。

もはや無駄な選挙費を使わせないで、SNSで闘わせればいい  じゃん。Twitterとかでツイートバトルすれば面白いのにな・・。

深夜に書いているせいか、少し不謹慎な内容になってしまったのかもしれません。宗教と政治とスポーツの話は個人で意見が分かれるため、あまり触れたくなかったのですが。

ただ、自ら選ぶ権利を奪うことについては断じて反対です。

「お前らは自分の考えなんて持つな!言った通りにしろ」
こんな押しつけをする連中は嫌いですが、結構いるんですよ。
無理やり思想を奪う事は人権侵害ですよ。

結局、私は明日選挙に行くかって?
ノーコメントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です