電話占いって当たらなそうなのに利用する人が増えている理由とは?

「電話占いって当たるのか?」と言われると、どうなのかわかりませんよね。会ったこともない人から電話で自分の未来について占いをしてもらうわけですから。

それにも関わらず、それでも電話占いを利用する人は増加傾向にあります。その理由は占いを受けたいけど、占いに出向きたくない人の心理が理由のようです。電話占いなら遠出する必要がなかったり、直接会って話すよりも自分の悩みを打ち明けやすいというメリットがあります。そんな電話占いについて少し考えてみます。

そもそも占いは当たるのか?

占いは当たるのか、それを考えると自分の場合けっこうな確率で当てられることが多かったと感じます。それはケガに注意するとか、恋人との関係などです友人を含めると、怖いほど当たってきたような気がします。その理由が占い師の能力なのかはわかりませんが、未来に不安を抱えた時にアドバイスとして聞く価値はあると感じています。
そもそも未来が当たることよりも占いって未来を良くするために利用するものです。だって占い通りに未来が決まっているなら、自分が今を生きて努力する意味がないですよね。
占いは自分を良い方向に導いてくれるものとして考えると、当たるかどうかよりも大事なものが見えてきます。

電話占いをやってみた結果

実は僕も電話占いを実際にやってみたことがあります。それは仕事もプライベートも行き詰ってどうしようもなくなったときです。未来に不安を抱えた時に、少しでも希望が欲しくて占いに頼ったのです。そこで厳しい声をもらうこともありますが、最後にはこれからどうすれば良いかアドバイスをしてくれます。

もちろん電話での占いで本当に自分のことをわかってくれたのか、占い師に未来を透視する能力があるかどうかより、未来に希望が見えるってことが大事なこともあるのです。本当につらいときは救いの声を求めることがあってもいいと思います。

電話占いを選ぶ基準

電話占いを選ぶときは電話占いの口コミを参考にした方が良いでしょう。なぜなら、どんなに良いことをホームページで書かれていても占いがどうだったのかは実際に占いを受けた人でなければわかりません。特に電話占いは直接会って話をするわけではありませんので、口コミの評価が悪い占い師は適当に占いをやってしまうかもしれません。
評判の良い占い師なら、あなたを良い方向に導いてくれるかもしれません。とはいえ、占いは信じるも信じないもあなた次第です。どんな結果を聞いても、良い方向でとらえて、前向きに生きることが一番大事なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です