コインチェックから580億円が流出?仮想通貨って恐ろしい

仮想通貨のセキュリティに関わる重大なニュースがありました。

それはコインチェックが顧客の資産580億円を流出させたニュースです。

ていうか、それだけの資産が流出したら、普通の会社なら潰れるだろって感じです。

それでも運営できるのは、コインチェックがそれ以上に莫大な資産を持っているからですね。

とはいえ、580億円がなくなるってとんでもないことですよ。

現金なら、これだけの資産を移すことはシステム上中々できないようになっています。

だけど、まだまだシステムが甘い仮想通貨だからこそ、こういったトラブルが起こってしまうのですね。

仮想通貨ブームの反動で露呈したセキュリティの甘さは、再度日本円の信頼性を見直すきっかけになりました。

日本のお金は、こういったトラブルを防ぐために銀行でも様々なセキュリティが強化されています。

もちろん、ネットバンキングでもそうです。

ログインするにもパスワードだけではなく、合言葉や生年月日などを入力しなければ取引ができません。

しかも、取引金額の上限も決まっています。

大きなキャッシュを動かすためには、店頭で証明書を提出する必要があります。

金融庁の傘下にある銀行では、すでに「資産を奪われる」リスクを回避する仕組みが出来上がっているのです。

ただし、今後はこの事件をきっかけに仮想通貨のセキュリティは強化されていくと思われます。

奪われるリスクを回避することで、仮想通貨の信頼を取り戻すことが今後の課題となるでしょう。

それにしてもコインチェックの社長はまだ20代・・・。

恐ろしい世の中だわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です